Up To Date: 19.May.2006
「ジオラマ」をつくる。
 

 

 

 

小学生のころからプラモ少年でした。それは、今でも変わりませんね。(最近は1/1を作る方が多いのですが‥‥ )
模型屋さんに置いてあるプラモデルの箱を開けた瞬間、イメージが沸きます。このクルマをどうやって配置して、人をどんなポーズで配置して‥‥など想像力は尽きません。
「ジオラマ」は動きが止まった情景模型ですが、しかしその前後には物語がありそして動きがあり、ジオラマは物語の中の「ワンシーン」です。それは作る人の人生観、想像力に左右され、また見る人の感性で変わってきます。

自分の腕前はまだまだですが、そんな動きのある作品をめざしています。お楽しみ下さい。

 

 

 
マシーンカット
ログハウス
ハンドカット
ログハウス
サンタ
サンタ
ミニジオラマ

ログビルダ−
昭和30年代
ランチタイム
Shed
coming soon

 

ジオラマの題材、材料、スケールなどは、もう無限に広がります。
材料はプラモデル、鉄道模型用の草木、そして最近流行りの玩食などを利用しても良いと思います。大きさもマッチ箱サイズから、テーブルに乗り切らないものまで、自由です。
ホームセンターなどで、材料探しの旅にでて(ちょっと大袈裟?)本来の使われ方とは違う物でアイデアを出し表現してみるのも面白いと思います。
近日に簡単なマッチ箱サイズのジオラマの作り方でも掲載しようと思っています。

あなたもジオラマ製作の旅にでてはいかがですか?

 

 

ジオラマの「超お薦め」!!リンクです。

 
情景模型製作の「ミニチュア ラボラトリィ」のホームページです。
いろんなスケールで情景を作ってます。とくに、クルマを題材にしたジオラマ、「これ本物では?」と思えるほど精巧な物です。刺激を受けたい人、是非アクセスして下さい。
と言ってるオイラは何回も遊びに行って刺激を受けています。

上記のヘッダーの色にあわせる。
●メニューに戻る●