Up To Date: 16.May.2004
「ジオラマ」をつくる。

 

 

 

これで完成?と勘違いする。建築途中の「Shed」のジオラマです。「shed」は小屋とか倉庫という意味です。

スケールは約1/43くらいですが、実際に庭に製作している1/1の小屋をモデルにしました。

本物は一番下にある写真です。多少アレンジしてますが、比べてみて下さい 。

中央には、建設中の小屋があり、その回りには、木材、端材、そして工具箱などがあります。
屋根に上がるハシゴや脚立なども表現してみました。

またデッキの上には設計図、電動工具もあります。
 

地面ベースの木枠に石こうで地面をつくり、その上に本物同様に基礎をつくり、土台を作りました。

土台、壁、デッキ床などの木材はヒノキの角棒とバルサ板を使いました。

現場の回りには、まだ未使用の材料がブルーシートに包まれ置いてあります。
このブルーシートはティッシュペーパーを塗料で固めました。


下の2枚の写真が本物の小屋の写真です。主に2×4木材を使ってます。

左写真は、デッキを作りを作りその後、壁を立てたところです。なぜデッキの床をはったかというと、足場代わりになるので。

右写真は、その後、屋根を張るために単管パイプの足場を設置した所です。

 
 
 

たまには、こんな作りかけの小屋を作ってみるもの、面白いと思います。

 

上記のヘッダーの色にあわせる。

戻る●