Up To Date: 17.Jun.2006
ウッドデッキの製作

   


この写真が今回、増設したデッキです。 (写真中央部のデッキ)
ログハウスを建てた時に、左奥側のウッドデッキを大工さんに作ってもらいました。

そのデッキに続く部分を少し増設。サイズ的には約1500mm×1800mmと小さいですが、左側デッキと右側をつなぐ中間的なデッキとなります。


そして、どうせなら、そこから階段を取り付けて地面に降りれるようにしました。
 
 


右写真は、製作前のショットです。
ちょうど丸太の手すりを切り落とした部分にデッキを増設するわけです。

さて、作業行程が多い上、道具も多く使いますので、「基礎部分」「デッキ部分」 と分けて道具も説明します。

また今回の作業は「デッキ延長増設」ですが、作り方などは、1からデッキをつくるのとほぼ同じです。
ですからここでデッキの作り方のある程度の行程を理解していただけると思います。

 

 デッキ製作の流れ
 

 1 設置する「場所」と「大きさ」を決める。
  まず設置する場所を決めます。この辺にこんなデッキを!などと想像を膨らませ、野外でコーヒーなんか飲みながら、なかなか楽しい一時です。また、どのくらいの大きさにするか?など考えます。
ある程度、設置場所や大きさが決まったらメジャーで長さ、幅、高さなど計って、大きさをメモします。

 2「デザイン」を決める。
  次にデザインを考えます。デザインが思い浮かばなければ、DIY系の雑誌をみたり町を歩いたりしてデッキを探し参考にしてみるのもひとつの手です。また設置場所を写真に撮影してマジックなどで完成図を書くのもいいかもしれません。

 3 ホームセンターなどに材料を見にいく。
  設置する場所、サイズ、デザインなどがある程度、決まったらホームセンターなどに材料を見に行きます。どんなサイズの木材があるか?また値段はいくらか?など材料の下調べです。この下調べである程度の予算が出ますので。

またこの時に必要な工具を買い揃える。ホームセンターでレンタルしてる所もありますが、たぶんウッドデッキなどを作り完成すると、次には何をつくろうか?などと考えてしまうのでこの際、のちの事も考えて購入した方が、良いかもしれませんね。

 4「図面」書く。
 

図面が苦手!と言う人もいると思いますが、簡単でも良いので図面を書いて下さいね。まぁ図面を書いてもあとから変更になったりしますが‥‥
これをしないと材料の割り出しなどが出来ませんし、デッキの構造もわかりませんから。実物の大きさにも、よりますが図面のスケールは1/10程度が書きやすいと思います。お薦めは方眼用紙などマス目のあるカミに定規などを使って書くと以外と楽です。
自分は、新聞に入ってくる広告チラシなどの裏に書いてますが。


 5「材料」の割り出し
 

図面が書き終われば、その図面を参考に材料がどのくらい必要が計算します。
これはただ、ひたすら電卓で計算するしかありません。自分は広告チラシなどの裏にデッキの大まかな図面を書いて計算します。
「2×4の長さ12フィート」1本から、床材が何枚とれるか?を計算。あとは、その床材を何枚、必要か計算します。

普通は全ての材料の1割増しくらいの材料を買いますが、自分の場合はクルマで5分のところにホームセンターがあるので、まずは土台の材料買い完成してから、床材を買いにいったりと、無駄を省くために以外と小刻みに材料を買いに行きます。
また、いっぺんに材料を買ってしまうと材料の置き場にも困りますので。


 6「材料」の買い出し
 

材料の量が解れば、木材を買いに、いざっホームセンターに!
木材を積めるクルマ(トラックやワンボックス)を持っていれば問題ないですが、最近では、ホームセンターで軽トラックを貸してくれる所もあります。ホームセンターで相談してみて下さい。
またコーススレッドや塗料、基礎部分の材料なども、忘れずに。


 7「レベル」を出し
 

基礎の位置を出すためにレベルを出します。「やりかた」と言う方法が一般的です。この「レベル出し」をしっかり正確にやれば、後の作業が楽に出来ます。


 8「基礎工事」
 

基礎工事をします。スコップで穴掘り作業です。汗と土の匂い。たまには良いですよ。子供の頃の砂場遊びを思いだします。(笑


 9「土台工事」
 

基礎工事が終ったら、次は土台工事です。この辺からだんだん形が見えてくるので楽しいひとときです。根田はいったん組んでしまうと、接合部など塗装が出来なくなるので、組む前に1回目の塗装します。


 10「床張り」
 

床材を切って、塗装して、根田に張りつける。その繰り返しです。でもこの作業も楽しいですよ。


 11「手すり」の設置
 

手すりを製作し、全体に2回目の塗装をすれば、完成です。
これが終ればほとんど作業完了です。あとは階段を付けたりなど仕上げ作業です。


 
さぁ!いよいよ製作開始です。「Next」をクリックしてね!
 
 
 
 
 
●ログハウスメニューに戻る●