「キツツキ」対策。

 

 

 

 

までの記事はここ数日、自分が経験した事を書きましたが、ここからはあくまでも、「なぜ?我が家にキツツキが」というタイトルで仮説、予想で書いていきます。なんたって、本当の理由はキツツキしか解らないからです。
自分、そして友達の知識など、そしてWebなどで調べた内容を元にまとめてみました。

 
※注意:あくまでも仮説です。
 

 

  まず我が家(1)にキツツキが来はじめたのは、10月半ばで、壁を突いている音で確認しています。また時を同じくして別荘のSさん(3)のログハウスは、ログウォールの塗装で足場を組み9月の終わりから10月の始めにかけて、塗装工事をしていました。

近所の別荘のHYさん宅(2)には、夏の週末ともなると、東京からいろいろな人が遊びに来てました。この時点では、そのHYさん別荘(2)の軒にキツツキの巣が有る事は、知りませんでした。

うちのお隣さんの永住のWさん(4)は猫好きで猫を2匹飼っています。そしてその斜前の別荘のHJさん(5)は最近、顔を見せていません。しかしHJさんの別荘(5)は猫のテリトリーになっていて、よく屋根に猫がいるのを見かけます。

そして10月半ばのある日、犬の散歩時に別荘のHYさん宅(2)に2tロングトラックが止まっていて、単管パイプを下ろして、家の回りに単管パイプを組み足場を作っていました。ただ単純に塗装かな?と。毎日のように、職人さんが来て壁や屋根を塗装作業していました。

しかしその後、我が家(1)にキツツキが来はじめました。

そんな10月終りに、犬達の散歩中にHYさん宅(2)のオーナーさんと道端で会い挨拶をして世間話になりました。ちょうど単管パイプを片付けているところでした。
「家、綺麗になりましたね。」「ありがとうございます。実はキツツキに軒を突かれ穴が空いて、それを直すついでに塗装をしたんですよ」
「ええっ!?@@; そ、そ、そうなんですか?」(汗

 
  頭の中で「絡んだ糸が1本の真直ぐな糸になる」のを感じました。


たぶん夏頃からだと思うのだけどキツツキはHYさん宅(2)に巣を作っていました。そして10月半ば、巣の撤去と穴をふさぐので足場を組み始めました。

HYさん宅(2)を追い出され行き場がなくなったキツツキは、別荘のSさん(3)のログハウスに。しかし塗装を終えたばかりで、 臭いが凄くおまけに丸太に塗料が染込んでいます。

うなると永住のWさん宅(4)か、HJさん宅(5)です。しかしこの2軒は家自体が猫のテリトリーなんで無理です。
↑これがHYさん宅(2)の工事中の写真です。
   

うなると昼間は仕事場(1a)に行き仕事をしてて、空家状態になる我が家(1)になったと思うのです。

うちがキツツキ対策をして網をはった頃、HYさん宅(2)は修理と塗装が終り足場を撤去していました。

 
   
↑これが別荘のSさん(3)のログハウスです。

 

 

 

  自分では、網を張ったのでキツツキが来なくなったのか?と思っていたのですが、数日後、天気の良い朝に「カンカンカン、カンカン」と林に響く音が聞こえました。

あれれっ!?」「どこからこの音が? 」気配をなるべく消して音のなるほうへ歩いて行くと‥‥‥‥

はHYさん宅(2)から聞こえています‥‥だんだん近付いていくと、キツツキらしき鳥が飛び立っていきました。
数日後
HYさん宅(2) の軒をみると、穴が空いていました。

ということは、キツツキはまた元に戻ったということですか。

が家には、今のところ、攻めてきませんが、相変わらず
HYさん宅(2)で「コツコツ」と軒を叩いています。

なんかちょっと複雑な気持ちです。
  今回、「キツツキ」対策?ということでレポートしましたが、あくまでも我が家の事情と対策と言う事で記事にしました。
そしてキツツキで悩んでいらっしゃる方などに少しでも参考になると思い掲載しました。
ただこれが、ベストと言うものでもなく、環境、地域などに左右されると思います。その辺をご理解のうえで、お役に立てればと思います。
 

     
 

上記のヘッダーの色にあわせる。
●メニューに戻る●