Up To Date: 26.Nov.2006

   

 


以前、室内で使っていたお古のクリスマスツリーがあるんで、これをウッドデッキにでも、設置してみるか〜!ということで、さっそく行動。といっても去年の話ですが。


どうせなら家の中から見える場所に!ということで、リビングルームの出窓の所のデッキに付けました。


このツリー、高さが60cmくらいしかないので、室内では良いのですが、外だとちょっと貧弱なんで、端材の2×4材、園芸用の支柱とガ−ランド(モール)を利用してちょっとだけ、立派に仕上げてみました。

   

まずは2×4材、コンパネ材などの端材でベース部分の製作です。

三角を基本的に製作しました。上の三角の板は、クリスマスツリーを乗せる為のもので、下側の2×4材の足も上の三角材の延長上に伸ばしました。(photo#1)

ちょうどデッキの手すりに馬の鞍みたいに、またがせて付けるようにしました。夏場は外して保管します。(photo#2)

photo#1
photo#2

   

ベース部分と手すりをコーススレッドや木ネジで固定します。

一番、上の三角板の上にクリスマスツリーの足部分をコーススレッドなどで固定します。 1本の足に対して2本のコーススレッドで挟み込む感じです。(photo#3)



photo#3

   

園芸用の長さ120cmの支柱を3本用意し片側を束ねます。
束ねた方をクリスマスツリーのてっぺん側にして、末広がりに支柱を広げます。ちょうどインディアンのテントみたいに円柱型にします。(photo#4)


下側の方に補強の為に同じく園芸用の長さ60cmの支柱を横方向に取り付けます。(photo#5)

支柱同士を止めるのは、園芸用の結束線を使います。

photo#4
photo#5

   

あとはガ−ランド(モール)(photo#6) をクリスマスツリーに巻き付けます。 (photo#7)

ガ−ランド(モール)の 間隔などを整えて、電飾をつけて完成です。

photo#6
photo#7

これで60cmのツリーが約、倍の120cmのツリーになりました。

電飾は今、流行りのLED(発光ダイオード)です。

LEDなどの電飾、ガ−ランド、ツリーなどなどホームセンターなどで格安に手に入るようになりましたのでクリスマス前にバージョンアップしてみては?
   

こう
●メニューに戻る●