模型 - スロットカーーランチャ


「Lancia Delta S-4」
 

'90年頃はランチャ デルタS-4の1/24スケールモデルは当時、どの模型メーカー
からも発売されていなかった。
で、どうしてもこのクルマを!と思い、フルスクラッチで作りました。

ベース車はフジミ模型から発売されていたゴルフが比較的形が似てるのでこれを
使い「プラバン」「パテ」を駆使しボディーを改造、赤青のラインなども自作し
ました。製作期間はおよそ3ヶ月くらいで完成。何度かコースを走らしました
が「形」重視でウェイトが重く「もったいなさ!」も手伝って、思いきり
走らせる事ができず引退。しかし、この重さが幸いしてコーナーはテールを振り
ながら走る姿はさながら「WRC」でした。

 
 
 
 
「Lancia Delta S-4」
 

ランチャ デルタS-4は、'83年からグループBとなったWRC(World Rally
Championship)を争うために開発されたマシンです。デビューは'85の
最終戦。'86には、各メーカーがモンスターマシンを投入し、レースは
激化したが、初の犠牲者が出たため'87からは、グループAで戦われる
事になる。と、まぁ!ランチャが勝つために作ったモンスターマシンです。