家の回りの野草と山菜
  セイヨウタンポポ(キク科)  
 
 
 
ヨーロッパ原産の多年草で日本に入ったのは明治時代で、北海道で野菜として栽培されたのが最初で、全国に広がった帰化植物です。ヨーロッパでは薬用、食用として利用されハーブの1つとなっています。ちなみにハーブでは「ダンディリオン」と呼ばれています。
 
 
●野草、山菜のメニューに戻る●